なぜ半年かけてストレートパーマの講習に通ったのか…

僕、実はですね、

ストレートパーマっていうのがあまり好きではないんですよ。

は?

って思う方も居るかもしれませんが、

技術としては好きですよ、

工程から、仕上がりまでやりがいのあるテクニックで、

バッチリ仕上がると気持ちのいい技術だし、

お客様の反応もとてもいい。

ただ、

ただ、、、

ストレートパーマってその「綺麗に真っ直ぐになる」っていうのを代償に

失うものもある。

例えば、

パーマがかかりにくかったり落ちやすくなる。

イメージ通りのカールが付かない、

とか、

カラーリングの入りが悪くなる、

とか、

ストレートの薬が持つタンパク質の流出や

アイロン操作の熱による副作用もある。

でも、

ストレートかけた後の髪の綺麗さってツヤツヤでサラサラだからすごくいいし、

当然、お客様も喜んでくれる。

それを思うと、

もっと気軽に、

髪に負担かけずに、

キレイなストレートをかけれないだろうか?

って思ってました。

もともと、髪に癖がない方でも、

年齢とともに出てくる癖もあってそれが気になってる方も居たりする。

エイジング毛っていう加齢に伴う髪質の変化で出てくる癖です。

癖が出るとツヤがなくなって見えたりしますが、

ストレートかけたらキレイな髪にできる。

何歳になっても綺麗な髪でいたいじゃないですか、

それが髪に負担かけずに出来たならば、

って思うと、どうにか出来ないかなって可能性を感じてた技術でもありました。

RTSっていうセミナーがあって、

自分は日本一ストレートパーマが上手いと思ってる菊池さんが

広島でセミナーをされるっていうことで、

今年初めから月一で参加させていただいてました。

その最終日が昨日だったわけなんですが、

これまで、

薬剤の塗布の仕方から、

色々と(細かすぎて書けない・・・)

仕上げまでのプロセスをみっちりと体に覚えさせ、

最終日はモデルさんに協力頂いての実習でした。

ほどよい緊張感の中でスタート。

僕のモデルさんは知り合いの知り合いという、

なんとも絶妙な距離感で、

当日初めて会うので髪のコンディションもあまり把握できてない状態で、

「チャレンジャーですね。」

って他の受講者の方に言われてびびってましたよ…

そんな事を言われましたが、

実際のサロンワークではあり得るケースだし、

モデルさんも無事に来て下さったので、

無事に最終日スタートを切れました。

ビフォーは

こんな感じです。

根元付近に緩やかなうねりがあり、

髪質とコンディションからか毛先は広がりやすそうです。

そんでもって、

菊池さんにアドバイス頂きながら

一心不乱にストレートかけていきます。

そして…

アフター

薬剤の選定を攻め過ぎないギリギリで処方してるので、

多少甘いところはあるかもしれませんが、

それでも仕上がりは一目瞭然ではないでしょうか?

処方がギリギリという事は、

必要以上に髪へ負担をかけてないということです。

テクニックでここまで仕上がるんですよね、

自分自身、途中までというか、

乾かすまで不安でしたよ…😭

もし、次も同じモデルさんで出来たらさらに完成度は上がるでしょう。

これから梅雨時期になりますが、

ストレートパーマは任せてください!

広島一のストパーかけますね


最後は記念撮影と、


ディプロマ授与。

さらに完成度あげますよ、必ず。

最新の予約状況はこちらのリンクからご覧ください。

◯印はもちろん予約がお取りできるところなんですが、×印は目安としてお考えください。
(バッティングを避けるためにネット予約は少し取りにくく設定させて頂いております、特に営業時間中)

ネット予約が取れない所でも電話予約でご予約いただける場合もあります。

ネットが不安な方や「行きたい日時が×になってるじゃん」という方は遠慮せずにどしどしお電話くださいませ。

皆様のご来店お待ちしてまする(´-`).。oO

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA